ウェブデザイン技能検定は、2008年より開催されたウェブ関連の資格で初となる国家資格です。インターネットが普及してくることでニーズが増え、最近ではとても人気のある資格となっています。ウェブデザイン技能検定は、1級から3級まであり、試験の内容は学科試験と実技試験に分かれています。ウェブサイトのデザインはもちろんの事、セキュリティの事や、インターネットの仕組み、関連団体まで幅広い知識と技術が必要になります。これからインターネットを使ってウェブデザインの仕事をやりたいと思っている人や既にウェブ関連の企業で働いている人が、スキルアップを目指す際などに有効な資格です。ウェブデザイナー技能検定に合格することで、「ウェブデザイン技能士」と名乗る事が可能になります。試験受けるまでの対策として、インターネットスキル認定普及協会のホームページの練習問題を実施してみることをおすすめします。ダウンロードできる練習問題や参考図書が紹介されています。検定を主催する協会の練習問題なので、試験の傾向をつかむことができるかと思います。出題される範囲や傾向、過去の問題などを把握して、しっかりと対策をとる必要があります。また、セミナーなどで試験内容の情報などが入手できることもあるので、参加してみるのも良いと思います。苦手分野だけ受講できるセミナーや、試験直前の対策講座なども様々あるので自分のスタイルに合わせて活用しましょう。ウェブデザイン技能検定は受験手数料が比較的高い資格なので、一発合格ができるようにしっかりと対策を練ったうえで受験する必要があります。